明けましておめでとうございます。
アステージ東京支店の田原です。

本日1月7日は「人日の節句」と呼ばれ、
3月3日の上巳(桃)の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の重陽(菊)の節句と共に五節句の一つとされています。

1月7日と言えば無病息災を願い、七草粥を食べる風習がありますが、
皆さんは1月7日に七草粥を食べていますか?
私はといえば、最後に七草粥を食べたのはいつだったか思い出せません…。

七草粥には正月の食生活をリセットし、
不足しがちな栄養素を摂取したり、暴飲暴食で疲れた胃を休めるという目的の他、使用する植物にもそれぞれ縁起の良いものが用いられているようです。

春の七草

・セリ…「競り勝つ」という意味の他、ビタミンCやミネラルが豊富。血液をキレイにし凝固を防ぎ、肝機能の強化にも効果があるとされています。

・ナズナ(ぺんぺん草)…「撫でて汚れをはらう」という意味の他、利尿作用、解熱作用、止血作用などに効果があるとされています。

・ゴギョウ…「仏体」という意味の他、咳き止めや去痰効果があるとされています。

・ハコベラ…「繁栄がはびこる」という意味の他、中国では古くから胃腸薬として使われていたようです。

・ホトケノザ…葉の形が仏様が座る蓮座に似ていることから「仏の座」と呼ばれ、その名前から縁起物とされています。整腸作用や風邪薬として効果があるとされています。

・スズナ(蕪)…その形から「神様を呼ぶ鈴」と言われる縁起物で、消化を助けてくれたり、骨量の低下を予防する効果があるとされています。

・スズシロ(大根)…その見た目から「汚れのない純白さ」と言う意味の他、消化促進や殺菌作用、美肌効果があるとされています。

1月7日に七草粥を食べる風習は、七種類の若菜のお吸い物を食べるという中国からの風習が伝わったもので、江戸時代に定着したようです。

先日、江戸時代に建てられた古民家で七草粥を食べるイベントが行われるというニュースを見ましたが、こうした伝統行事を大切にして、日本人だけでなく海外から日本に興味を持って来られる方々にも広く知ってもらえるといいですね。