大阪支店 コーディネーターの山尾です。

桜の季節も過ぎ、4月も中旬になりました。
春は新しい職場、新しい学校、新しい環境でスタートされる方も多い季節です。
緊張した毎日も少し落ち着いてくる頃でしょうか。

さて、皆さん『春バテ』と言う言葉を聞かれたことはありますか?
夏バテと同じような症状で、やる気が起きない・日中も眠い・不眠・食欲がないなど様々な症状があります。

 

原因は、まずは春の寒暖差です。
今年は特に寒暖差が激しいですね。
3月なのに20度くらいあったと思えば、次の日には10度も低いなんていう日もありました。

もう1つは、環境の変化によるストレスです。
新しい環境に慣れるためには、最初はやはりストレスがかかります。
知らないうちに体に力が入っていたり、神経を使っていたりしますよね。

主にこの2つによって、自律神経の乱れが起こります。
これが、様々な体の不調の原因です。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで成り立っています。
交感神経とは、活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時に働く神経です。
一方、副交感神経とは眠っている時、リラックスしている時、休息している時に働く神経です。

この両方のバランスを取ることによって健康を維持することができます。

 

話は変わりますが、アスリートの皆さんにとっても、この自律神経のバランスを取ることがとても重要だそうです。
アスリートの方々は、試合中は緊張状態となるため、交感神経が優位になります。
それ自体は競技に集中するため、思うように体を動かすために重要なことですが、交感神経が強くなりすぎると、緊張状態が続き、体が硬くなるため100%の力を発揮することができません。
緊張状態の中でも、リラックスしながら冷静になる事によって最高のパフォーマンスが出来るそうです。

 

そんなアスリートの方々が自律神経のバランスを取るためにしていることの1つに呼吸法があります。
その中の「横隔膜呼吸」をご紹介したいと思います。

実は、私も昨年に自律神経の乱れにより体調不良が起こったことがあるのですが、この呼吸を実践してみてとても改善しました。特に私には不眠に効果がありました。

特に女性は、冷えなどから自律神経を崩しやすくなります。
もし最近、風邪や病気と言うほどでもないけど、何となくスッキリしない、体調が良くないと言う方は、一度試してみても良いかもしれません。

新しい職場・新しい環境を楽しむためにも、まずは健康が第一です。
是非、皆さんも春バテを解消し、新生活を楽しんでくださいね。

 

★横隔膜呼吸法★

①仰向けになって膝を立てる

②胸の上に手を置く

③胸が膨らむのを意識しながら、ゆっくりと鼻から大きく息を吸う(4秒程度)

④胸がしぼむのを意識しながら、ゆっくり口から息を吐く(8秒程度)

③〜④を5回、ゆっくり繰り返す。

⑤胸の上に置いていた手を、脇腹にあてる

⑥お腹が膨らんでいくのを意識しながら、鼻からゆっくり大きく息を吸う(4秒程度)

⑦お腹がしぼんでいくのを意識しながら、口からゆっくりと息を吐く(8秒程度)

⑦〜⑧を5回、ゆっくり繰り返す。

*毎日、朝晩に1セットずつ行う

★胸の呼吸と、お腹の呼吸が、同時に出来ると自律神経を整えるためにより効果的になるそうです。